袖振れ合うも多生の縁353~50年来の朋を誘い、町田宗鳳師の『風の集い』で「ありがとう禅」に参禅してきました!~

ありがとう寺3.jpg
先週の土曜日、友人K君と『風のつどい』の「ありがとう禅」に参禅してきました。と言っても、御殿場にあるありがとう寺(写真上)ではなく、茨木市の茨木神社で開かれた集いなのですが。
この集いは、富士山麓の「ありがとう寺」なる無宗派寺院のご住職で、比較宗教学の学者さんで、日米の大学教授(現在はリタイアされ名誉教授)で、何十冊もの著書を上梓されている著述家で、尚かつ禅宗のお坊様で天台宗の大阿闍梨でもあられる町田宗鳳師が主催されているのです。
大体宗教的会合は、出来るだけ大勢の人たちを集め組織化しょうとするものが多いのですが、この「風の集い」は名前が示してるように、風の如く来て風の如く去るのが趣旨で、予約も住所氏名の登録も必要なしなのです。こんな会は珍しく、風来坊的なワタシにぴったしやと思てます。

ありがとう寺の山羊さん3.jpg
さて、左の写真はありがとう寺で瞑想修行に励むメエメエさんです。

お前、何言うてんねん、山羊がそないなことする訳ないやろ!?

いや、「風の集い」は最初に宗鳳師の法話と質疑応答があるのですが、その時の話をご披露します。

「うちの寺に来た山羊のめいちゃんは寝てる時以外、いつも黙々と口を動かし美味しそうに草を反芻してますが、これはまさに<食べる瞑想>だと思う。」

と宗鳳師はこう仰ったのです。
又、師はブログにこのように書かれておられます。

朝、護摩堂で木魚を打ちながら読経していると、「めいちゃん」がガラス越しに私の顔を見つめています。その光景を見ていると、人殺しをして平気な人間もいるのに、むしろヤギに仏性があるのではないかと思えてきます。禅の有名な公案に、「狗子(子犬)に仏性有りや無しや」というのがありますが、正解は「ヤギに仏性あり」でした。

福聚寺の犬.jpg
しかし、臨済宗妙心寺派福聚寺のご住職で芥川賞作家の玄侑宗久さんは・・・

「わが寺の愛犬(写真上)を見ていると、禅宗の坊さんよりずっと禅的な生き方をしてると思う。食べるものも毎日同じドッグフードなのに、いつも今日初めて食べるかのように新鮮な感覚で食べているし、散歩も毎日同じコースなのに日々是新た、初めての道のように喜んで歩いてるのを見ると、感動すら覚える。」

と何かの本に書かれていました。

ですから犬にも仏性はあるのでしょうね。いえ、生きとし生けるものすべて、仏性を持って生まれついている・・・ワタシはそう思うのであります。
さて、法話と質疑応答が終わると、休憩をはさんでいよいよ「ありがとう禅」ですが、その模様は以前、確か今年3月頃書きましたので割愛させて頂き、今回ワタシに起こった現象を書いておきます。
それは、参禅しておられる皆さんの声がF・Oし、やがて消えてしまい、その後自分の声も聞こえなくなってしまったのです! これってワタシの耳の錯覚なのか、それとも老化による難聴なのでしょうか・・・?
このことを禅が終わり、各人が感想を述べる時に申しますと、宗鳳師は、無音マイクのしくみと同じことが起こったのでしょう。と仰ったので、帰宅後一寸調べてみました。
ノイズキャンセリング.jpg

上の図は、無音マイクのノイズキャンセリングの仕組みを表したものですが、音は音波ですから、この音波に対して形がそのまま正反対の音波(逆位相という)をぶつけると、2つの音波は打ち消しあって消滅するのです。プラス1とマイナス1を足すとゼロになるようなもので、騒音の音波に対して、逆位相の音波を重ね合わせることで、騒音の音波を消してしまい、騒音を拾わないマイクになるというわけだそうです。
つまり皆さんの声の音波に対して、ワタシが逆位相の音波を出していたということなのです。このような現象は、私は毎朝大払えの祝詞を称える時、心に染みいるようでお気に入りであるクリスタルボウルの演奏CDをかけているのですが、CDから流れてくるクリスタルボウルのサウンドが消えてしまうことがあったので、これも同じ原理なのだ!と納得した次第です。(しかし、この現象と逆の共鳴が起きる時もあり、ワタシの声とクリスタルボウルの響きが共鳴・増幅し、快い波動に包まれることもあるのです)
クリスタルボウル3.jpg
酒井知里さん2.jpgさて、私を癒してくれるクリスタルボウルは、ありがとう禅でも使われています。
クリスタルボウル演奏家の酒井知里さん(写真右)が要所々々で奏でて下さっているのですが、ありがとう禅の締め括りとして、師が菩薩を褒め称える言葉である偈(げ)というか、頌(じゅ)というか、有り難い詩句を称えて下さるのです。
私たちは黙してひたすら聴くのですが、師のおごそかにして暖かく又厳しいお声が、クリスタルボウルの神秘的な響きと相俟って、私たちはえも言えぬ荘厳な波動に包まれるのです!
この波動に包まれ、私は本当に参禅して良かったと思うのであります!

そうそう、リスタルボウル演奏家の酒井知里さんは、先日越前市で開かれた武生国際音楽祭に参加された由。この武生国際音楽祭は世界的名声のミュージシャンが集結し、超一流の演奏が奏でられたのですが、酒井さんは音楽祭の第二会場である天台宗寺院で、生け花に合わせ、サクソフォーン、笙、クリスタルボウルの三重奏にジョイントし、細川俊夫音楽監督をはじめ、多くの方々から絶賛の言葉を頂いたとか。(写真下は宗鳳師と酒井さん)
宗鳳師と知里さん.jpg

最後に、「ありがとう禅」の根本理念を、師のHPからワタシなりにまとめさせて頂きます。

人間性の核心には真意識(魂・仏性・聖霊・インナーチャイルド)という光の塊がありますが、それを通すレンズ(潜在意識)が歪んだり、曇ったりしていれば、現実というスクリーン(潜在意識)に映し出される現象も激しく歪んでしまいます。 したがって潜在意識の歪みを是正し、それを磨いていけば、おのずから目の前に展開する現実が、穏やかで幸福感に満ちたものに変化してきます。
「ありがとう禅」は、只ひたすら「あ~」「り~」「が~」「と~」「う~」と反復発声するだけで潜在意識の干渉がなくなり、顕在意識と真意識が直結する「精神統合」が可能となる、「声の力」によるメモリー・クリーニングなのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント