袖振れ合うも多生の縁395~「頑張る」という言葉は、人をくさす表現だった!?~

Say象 顔晴る1.jpg
今回も、友人の会社の月報ですが、少しピントが甘く読みにくいと思いますので、書き写してみました。

「子年は干支の初めやから、ボク、例年よりもっと頑張ります!」
「えらい張り切ってるけど、<頑張る>の<頑>は、<頑な(かたくな)>という字やから、<頑張る>の語源は<頑なに我を張る>こと、自分を押し通すジコチューのことや。あのな、宗教思想家のひろさちやさんが子供の頃は、<あの人頑張ってる>ちゅうのは軽蔑の言葉で、もっと温和になったらえゝのにとのイミやったそうな。」
「えー、知りませんでした・・・」
「それからな、<眼張る(がんはる)>=<目を張り付ける>が語源との説もあるねん。これやと<目の付け所がえゝ>とか、良い意味やわな。」
「そうか、他の人が出来へん面白い着眼点を見つけたら、えゝんですね。」
「でも、そら簡単なことやない。そやから私は、しんどい時でも笑顔でいられるように、<顔晴る>でいくわ。笑う門には福来たるや。」
「あ、それ良いですね。ボクもそないしますわ。皆さんもよかったら、今年一年笑って暮らしましょう!」

Say象のコメント:笑い声のないところに成功はない。(鉄鋼王カーネギー)

こんな文章なんですが、皆さんは<頑張る>という言葉をどのように受け止めていらっしゃいましたか? ワタシ自身は、ひろさちやさん程ではないですが、余りえゝイミにとらえていなくて、がむしゃらにやるよりも、何事も淡々とやる方が好みでした。
ひろさちや1.jpg
でも、ひろさちやさんの仰る<頑張る>が、嘗ては<人をくさす>軽蔑の言葉だったとは! 全く知りませんでした。いつの頃から褒め言葉に変わったのでしょうか・・・。それから<頑張る>が<眼張る>で、<眼を張り付ける>、<目の付け所が良い>という意味なら、褒め言葉ですよね。

目張り寿司1.jpg
え、突然、なんで、こんな写真が!?
あ、そうか、これ眼張り寿司や。眼張り寿司て目を見張るくらいでかいから、こんな名前を付けたそうですが、少しイミが違うようですわな。
ま、それはさておき・・・

満面の笑顔.jpg
この満面の笑み、素晴らしいですね。カーネギーホールで有名な鉄鋼王、アンドリュー・カーネギーさんが、「笑い声のないところに成功はない」と宣うたように、ワタシも<頑張る>を<顔晴る>と書き換えるのに大賛成です。晴れ晴れとした笑顔てええもんですもんね!

笑うネコ1.jpg
笑うフクロウ1.jpg
笑う動物1.jpg
笑う犬1.jpg
笑うロバ1.jpg
笑うレッサーパンダ1.jpg
笑うサル1.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント