テーマ:聖徳太子

袖触れ合うも多生の縁196 ~聖徳太子等身像救世観音の頭に五寸釘が打たれた謎!?~

今回も前回に続いて斑鳩の里です。斑鳩の里と言えば法隆寺、法隆寺と言えば夢殿です。夢殿と言えば夢殿には太子等身像と言われている救世観音が鎮座ましますが、明治十七年にアメリカの美術研究家フェノロサが日本政府の委託で岡倉天心と一緒に法隆寺の色々な厨子を調査したのです。その折り、夢殿には固く閉じた大きな厨子があり、開けるよう要請した処、法隆寺の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

袖触れ合うも多生の縁195 ~斑鳩って地名はイカルという鳥からきてる?~

現在執筆している作品に聖徳太子が登場するので、太子ゆかりの地、斑鳩の里に行こうかと思い少し調べてみました。上の4葉は斑鳩の里の風景写真で、それぞれ結構良いですね。行楽の秋の一日、野山をのんびりとぶらつくのも、気持ちがリラックスして癒されるかも。処でなんでサイズの違うのを並べたかと言いますと、大きさ=私の行きたい度合いではなくたまたまサイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

袖触れ合うも多生の縁168 ~伝える!伝わる! 伝えたい!~

ご覧のイラストは蘇我馬子です。現在、私は馬子のことを調べているのですが、この苗字と名前って、我蘇(よみがえ)る馬の子として・・・と読めますよね。馬子と聖徳太子は同時代の人で、太子は厩戸皇子(うまやどのみこ)と言われています。この名の由来は、太子のお母さんが厩舎の前を通りかかった時、急に産気づいて馬小屋の中で太子が生まれたからだそうです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more