テーマ:報恩念仏

袖振れ合うも多生の縁348~念仏の「念」という字は今の心、今していることに心を置き、そこに仏を感ずることが最良の念…

前回に続いて、NHKの「こころの時代 法然を語る」から、私の心に残り、光り輝いている珠玉の言の葉たちを書き綴ってみます。町田宗鳳師は、念仏とは仏を想うことです。念仏の念という字は、今の心と書きます。現時点でしていることに心を置き、そこに仏を感ずるなら、それこそが最良の念仏となります。もっと簡潔に言うのなら「今を大切にする」ことが、忙しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more